ポケモンXY育成論(リニューアル中)

訪問ありがとうございます ポケモンの育成論(考察)を主にやっています。他にも防衛ゲームの攻略等をやっています。相リンクは随時募集中しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

~それぞれの天候パの特徴と比較~

最初にそれぞれの天候パの特性を見てみる
同時に簡単な考察も少書いていく
☆は天候パの特徴のなかで大きな影響を与えるもの

~~雨パの特徴~~
☆水技によるダメージが1.5倍
☆炎技の0.5倍
☆「かみなり」が必中技になる
☆「つきのひかり」「あさのひざし」「こうごうせい」の回復量が最大HPの1/4になる
☆特性すいすいにより素早さが2倍
・その他の特性の活用(あめのうけざら、かんそうはだ、うるおいボディなど)
・「ソーラービーム」のダメージの半減
186.gif
♠ニョロトノについて♠
個体値H90 A75 B75 C90 D100 S70 
個体値はそう高くなくで耐久面は努力値さえ振れば中々の硬さを誇っている。雨で水の威力が上がるのでC90を補える。特殊技も水タイプ特有の幅広さを兼ね備え、補助技も揃っている。
特殊アタッカー・特殊受けもでき、アンコール・どくどく・ほろびのうたで耐久ポケモンへの牽制も期待できる器用さをもつ。

◆雨パでの戦闘◆
・雨により水1.5倍、炎0.5倍と相手のポケモンの選出を狭める事ができる。
・タイプ一致ドロポンの威力は強力で相手にとって驚異になる。
・それに水に弱い電気技「かみなり」が必中になるが、弱点である炎が等倍になった草タイプを入れる、かみなりの半減も用意にできる。受けタイプとして優秀な鋼も炎半減の恩恵を受け、バランスよくタイプを入れることができる。
・アタッカーとして特性すいすいのキングドラが強力でなかなか止まらない。
・受けポケもシャワーズ・ルンパッパ・ナットレイなど豊富。
・タイプバランスがいいので天候を無視した前提でも組みやすい。
 パーティバランスが良く先発ニョロトノを出して選出負けした場合でも天候での恩恵で後続が十分カバーしあえるバランスの良さがある。完結に言えば扱いやすく強力である。



~~晴れパの特徴~~
☆炎の威力が1.5倍
☆水の威力が0.5倍
☆「つきのひかり」「あさのひざし」「こうごうせい」の回復量が最大HPの3/4になる
☆特性「ようりょくそ」の素早さが2倍
・その他のポケモンの活用(サンパワー・リーフガードなど)
・ソーラービームが1ターンで撃てる
・ポケモンが凍らない
・かみなりの命中率が50%になる
038.gif
♠キュウコンについて♠
種族値H73 A76 B75 C81 D100 S100
・素早が100と高く、天候を変えるポケモンでは最も速い。しかし初手での天候の取り合いは負けてしまう面もある。
・特攻が83と微妙だが天候で補う事ができる。特防100と高いもののHP73と低く受けポケとしては少し頼りないが、先制で鬼火を巻いて物理アタッカーを潰す事ができる。
・おにび・どくどく・さいみんじゅつ・めいそう・ほえる・かなしばり・パワースワップと補助技が豊富、型が多く読みづらい。
・タイプ一致大文字・オーバーヒートの威力は高くゴリ押しが可能。ソーラービームも覚え水・地面・いわに有効打をもつ事ができる。

◆晴れパでの戦闘◆
・炎1.5倍水0.5倍と相手の選出を狭める事ができる。
・素早さ2倍になるようりょくそのポケモンが多く、晴れ状態だとほぼ先手が取れうまくいけば無双ができる。
しかしようりょくそ重視でいくとタイプが偏る。さらにキュウコンを先発させなければならない状況が増え選出負けする場合が多くなるので一長一短。
・めざ炎を持たせたら威力が105とサブウェポンとしては十分な威力を持つ。
・受けではクレセリア・ブラッキー・いかくウィンディが回復量で恩恵を受け、このポケモンを正面から突破できるポケモンは限られてくる。

受け、アタッカーと豊富な晴れパだが、晴れに頼りすぎると晴れ以外の場合のパフォーマンスががた落ちしてしままうので先発キュウコンの機会が多くなり選出負けする場合が多くなる。なのでキュウコン以外の先発要因&その先発要因と相性のいい後続を入れる必要ができ、なかなか天候との塩梅をとるのが難しい。



~~あられパの特徴~~
☆こおりタイプ以外のポケモンは毎ターン最大HPの1/16のダメージを受ける
☆「ふぶき」が必中技になる
☆「つきのひかり」「あさのひざし」「こうごうせい」の回復量が最大HPの1/4になる
・特性の発動(ゆきがくれ・アイスボディ、マジックガードなど)
460f.gif
♠ユキノオーについて♠
個体値H90 A92 B75 C92 D85 S60

ユキノオーで最初に思うのはまずその弱点の多さ。2倍が「かくとう・ひこう・どく・いわ・むし・むし・はがね」4倍「ほのお」合計7つと多い。
AとCが90を超えるが、素早さが60と遅くスカーフを持たせなければ先手を取りにくい。しかし技が豊富でタイプ一致先制技・物理技・特殊技・補助技に恵まれている。
持ち物もスカーフ・襷型・オッカの実と読まれにくい。

◆霰パでの戦闘◆
他の天候と比べるとあられによって受ける恩恵があまりない。
・タイプの威力アップ、半減がない。
・特性も雨・晴れ・砂などの素早さ2倍などもなく種類も少ない。
・あられダメージを受けないようにしてこおりタイプに偏るとメジャーな「ほのお・かくとう・いわ」の集中砲火を受けてしまう。
・氷タイプ以外の相手の気合の襷を潰せる
・ふぶき必中なのでドラゴン・草を倒しやすくなる
といったメリットもあるがあまり差別化はできずわざわざ霰にする意味はあまりない。
といった具合なので霰パとしてでなく雨・晴れ・砂などの天候を変え相手のポケモンの特性を無くして戦いやすくするといった方法での採用が基本線になる。



~~砂パ~~
☆「いわ・じめん・はがね」以外のポケモンは毎ターン最大HPの1/16のダメージを受ける
☆岩タイプのポケモンは特防が1.5倍になる
☆特性「すなかき」により素早さが2倍になる
・そのほかの特性の活用(すながくれ・マジックコート・すなのちからなど)
・「ソーラービーム」のダメージの半減
・あさのひざし、こうごうせい、つきのひかりの回復量が自身の最大HP量の1/4になる
・ウェザーボールがいわタイプ、威力100の技となる

248.gif
♠バンギラスについて♠
個体値H100 A134 B110 C95 D100 S61
・言わずと知れた600族。なかなか個体値に恵まれない天候要因の中でも抜き出ている。
・天候パ対決の際に特防が1.5倍になる為後出しがしやすい。
・しかし天は二物をを与えずとはよく言ったもので弱点が多く2倍が「じめん・むし・はがね・みず・くさ」4倍の「かくとう」と計5つ。元々耐久面が高く特防1.5アップなので特防も高くなるがインファをくらえば殆ど確1の為持ち物に襷を持たせているのもそう珍しくない。しかし等倍・半減ダメージの場合は熊本城を彷彿させる堅さにでそびえ立つ。
・Aが高くアタッカーにするのもありだがそうなるとSが低めなのが残念。しかしスカーフを持たせてカバーできる
一言で言うと身体能力の高い運動音痴

450.gif
♠カバルドンについて♠
H108 A112 B118 C68 D72 S47
・HBが高くSが低い典型的な物理受け。Aが元々高いため無振りでもある程度の火力が見込める。
・カバルドンを物理アタッカーで突破するのは難しく相手に砂ダメを与えることができ、ゴツゴツメットを持たせると最大3/16削る事ができる
・ステロ・あくび・たくわえる・のろい・ほえる・なまけるといった補助技に恵まれている
・Aが高くハチマキでアタッカーもあるが、その場合物理技にあまり恵まれておらず厳しい
・バンギラスの種族値が優秀なため2番目に回っている風潮はあるが普通に見れば恵まれた個体値配分をしている。

◆砂パでの戦闘について◆
バンギラス・カバルドンどちらを選ぶかで大きく変わってくる。それについては後後書いていく。
晴れ・雨の用にタイプの威力アップは無く地味に思う人も多いが「じめん・いわ・はがね」以外のタイプに毎ターン1/16ダメージを入れる事ができる。よって襷・頑丈持ちを潰す事ができる。
・襷持ちを潰すことによって高火力アタッカーで押せ押せができるようになる
・また反対に受けによって相手に砂ダメを蓄積させる事ができ、相手の受けポケや耐久調整を崩壊させることができる。
・特性「すなかき」で素早さ2倍のドリュウズがいるが雨パ・晴れパのようにはいかずタイプ一致地震以外パッとするものがなく、防御面も低いので微妙な所。
・特性が砂にこだわる必要がないので初手でなくてもいい。なので雨同様選べるポケモンのバリエーションが多く、特に選出の先頭は読みづらく選出負けしにくくなる。



以上!長くなりましたが各それぞれの天候についてはこれで終わります。
スポンサーサイト
プロフィール
ブログ管理人 孔崎 いしし(イメージ画像準備中) Twitterアカウント イメージ画像準備中

今週の曲
ポケモンマスター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。