FC2ブログ

ポケモンXY育成論(リニューアル中)

訪問ありがとうございます ポケモンの育成論(考察)を主にやっています。他にも防衛ゲームの攻略等をやっています。相リンクは随時募集中しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウィンディ 物理受け型 


♔物理受け型♔
059gwegwe.gif
♖物理受けウィンディの概要♖
 攻撃面の個体値が良く隠れ気味になっている耐久面は、いかくを加味すれば中々と固く第四世代で流行った形。しかし、やはり個体値は無視できず、第五世代の重火力アタッカーの台頭から廃れていった。
 初代限定のカントー大会では受けポケとして注目された。

♠個体値よりも特性と技を生かす♠
性格:防御↑ 攻撃↓or特功↓>素早さ↓
特性:いかく
努力値:H252 B252 D6
持ち物:ゴツゴツメット・オボン・カゴ・食べ残し
攻撃技候補:特殊の炎技・めざめるパワー・バークアウト・じならし・しんそく・ワイルドボルト・ニトチャ
補助技候補:おにび・どくどく・まもる・ねむる・あさのひざし・あまえる

~~考察~~
・持ち物はどれも有力で、技が重要になってくる。
・攻撃技は言葉のくくりは同じでも、採用技で役割がだいぶ違ってくる。
じならし・バークアウト相手の役割を半減させる補助型寄りになる。
バークアウトは威力が低いものの、特攻アタッカーに対して役割を半減できる。
ワイルドボルトはギャラドス対応、優先順位は低い。
・補助技候補はねむるorあさのひざし。おにびorどくどくといった所だろうか。
・鬼火の方が物理アタッカーを潰せるが、安定+耐久潰しを考えるとどくどくの方が安定する。
鬼火の方が人気ではあるが、鋼タイプを寄せ付けない炎タイプなのでどくどくも使い勝手はいいので評価はされる。
どくどくを持たせるなら食べ残しを持たせたい。そうなるとまもるも有力になってくるので候補技に入れてみたい。
・流しの意味合いもある、あまえるも十分に考えられる。



参考として
※ウインディ H252 B252 性格補正あり
初代の天敵である物理アタッカーのギャラドスさんを連れてきた
130f.gif
性格意地っ張り A252 の滝登りを
攻撃補正なし
攻撃補正-1(いかく)
攻撃補正-1(いかく+天候)
でダメージ計算してみる。
wegw.jpg
タイプ一致効果抜群は耐えても瀕死クラスになるので注意が必要
ガッツリ物理受け後出しタイプではなく、補助&受けで相手のHPを削っていく攻撃的な受けタイプになるのかもしれない。
良く言えば器用、悪く言えば器用貧乏。上手い人は本当に上手く扱っているので、使うトレーナーの読みやPT構成に大きく依存した型になる。


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
ブログ管理人 孔崎 いしし(イメージ画像準備中) Twitterアカウント イメージ画像準備中

今週の曲
ポケモンマスター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。