FC2ブログ

ポケモンXY育成論(リニューアル中)

訪問ありがとうございます ポケモンの育成論(考察)を主にやっています。他にも防衛ゲームの攻略等をやっています。相リンクは随時募集中しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オノノクス りゅうのまい タスキ型


611.gif

♗りゅうまい型なら♗
・耐久調整か襷との選択になる。
・Sは基本的に最低でも236は振っておきたい。基本的に削るならAになる。
・Aを削れば突破力が下がるのでジュエルや帯を持たせてカバーしていく事になる。
・主な耐久調整としてはH50~80程度が妥当なラインになる。シャンデラめざ氷を確定耐え、テラキオンのインファイト+電光石火耐えくらいになる。不一致冷凍ビームを打つ相手は比較的に耐久型が多いので基本的にメザパ調整していれば耐える。
・ただ、元々仮想敵をイメージする時に、どうしてもげきりんや流星群は耐えれないのでそれを除外する場合が目立ってしまう。
・素早さがこちらが遅いため実践で調整を生かした立ち回りをできるかどうかは微妙な所。
・そこはジュエルを持たせて一撃の火力の高さというところを利点として割り切っていくしかない。
そんな感じで耐久調整をしていくと素朴な疑問が生まれる。 
意地っ張りにするとSに努力値を振る数値が多すぎないか?それならようきの方が上手く調整できないか?という根本的な疑問。
そこで実際どうなのか比べてみる。
H実数値とS実数値を同じにしてAに差が出るかやってみる。

ようき    実数値H165A199S147 努力値(H114 A252 S138)
意地っ張り 実数値H165A206S147 努力値(H114 A154 S236)

検証結果を見ると分かる様に、81属抜き調整の場合は基本的に意地っ張りの方がいい。
ちなみに81属抜き抜き調整してもいじっぱりの方がステータスが良い。
舞いたいが為にあまり耐久に振りすぎると火力の面で目立てなくなり、ガブリアス・ボーマンダ・カイリューの劣化になりかねないので注意が必要。

それでは前書きが結構長くなってしまったので、そろそろ育成論の方に入っていこうと思います



♚圧倒的火力♚
gwewef.gif
♠私がドラゴン最上位♠
性格:意地っ張り
特性:かたやぶり
努力値:調整は上参照  襷の場合はA252S252で大丈夫
持ち物:ジュエル 襷 ラム
確定技:げきりん じしん りゅうのまい 
優先技:ダブルチョップ カウンター(襷の場合) 
候補技:ばかぢから けたぐり いわなだれ ちょうはつ など

~考察~
・メインウェポンであるげきりんと特性を生かせるじしんは確定枠
・りゅうのまいをする前提の調整なので残り1枠を決めていく
・ばかぢから・けたぐりは優秀なサブウェポンですが、じしんと被るところも多く必須という訳でもない。
・ウルガモス・ギャラドス等の対策としていわなだれが若干上回っているかもしれないが、こちらはやや火力不足が否めない。
・ダブルチョップはタイプ一致技で逆鱗と被るがみがわり・タスキを潰せるので担う役割が違う。ちょうはつは積み型や鬼火などの対策。ソーナンスを一方的に倒せる。またうまく決まればりゅうのまい積みやすくなる。
・カウンターを優先技に上げたのは、先制技を持った強力な物理アタッカー対策。(ハッサム・ローブシン・メタグロス等 H振りだと倒せないローブシンを対面で倒せるのは大きい)ただ、風船もち鋼には注意

あまり技のバリエーションは多くないので最大の長所である火力を見てみましょう
そこで、前半にも書きましたが、性格補正あり・なしで主に比べていきます。
なるべく分かりやすくなるようにサンプルとしてHの多いラッキーさんに協力してもらいます。
113.gif
ラッキー 性格補正あり H252B252 しんかのきせき

オノノクス 性格補正なし A252 げきりん   → りゅうまい 
       性格補正あり A252 げきりん   → りゅうまい  
 lkokokoko7.jpg

げきりんのダメージ差は16 
最高乱数を引いた場合 補正なし47.8%→補正あり52.3%と補正ありだと4.5%上昇している。
 
竜舞後の差は24
補正なし71.7%→補正あり78.4%と竜の舞を積めば6.7%上昇していることがわかる。一撃で倒したいオノノクスにとって性格補正ありの方が理に叶っている。

この上昇率の差は攻撃回数を重ねるとより開いて実感しやすい
例えば……あーそうだ!!素早さ調整の対象となっているギャラドスを対象にみていこう
fwe.gif
ギャラドスの「いかく」が入った状態で いわなだれ→げきりん の流れを「性格補正あり・なし」で比べてみる
ギャラドス 性格補正なし H252 
オノノクス 性格補正あり・なし A252 攻撃補正-1(いかく)

   【左・性格補正ありオノノクス】       【右・性格補正なしオノノクス】
gegwegw.jpg

補正ありだと中~高乱数で突破できるのに対して、補正なしだと超低乱数になっている。
オノノクスの場合性格補正ありにした方が効率良く育成でき、突破力も実用性も高く完成度の高いものになる。

 少々長くなりましたが、オノノクスの育成論を終わらせていただきます。
 スカーフ型も書こうと思ったのですが、スカーフ型だとガブリアスの方が多くの部分で優秀なので、竜舞型のこちらに力を入れて書きました。
 文字が多くなってしまいましたが、ここまで読んでくださった方ありがとうございます


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
ブログ管理人 孔崎 いしし(イメージ画像準備中) Twitterアカウント イメージ画像準備中

今週の曲
ポケモンマスター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。